EFOの導入と必要性

EFOとは、エントリーフォーム最適化(Entry Form Optimization)の略称で、ユーザーが入力フォームに個人情報を入力する際、分かりやすく迅速に行えるようにサポートをすることを指します。
もしもEFOに全く配慮していないサイトの場合、入力の手間や分かりにくさが災いし、ユーザーが途中で離脱してしまうケースが生じてきます。
企業側にとっては当然損失です。
ユーザーに配慮したサービスを一考し、利益に繋がる契約を増やす為にも、EFOの導入は必要なのです。

EFOの基本は、入力の手間を省き、項目の簡略化をはかり、エラー発生を抑止することです。
特にエラーが多発したり、エラー発生の度に入力した項目が全て消え、もう一度入力しなければいけない状況になると、ユーザーが見限って離脱するケースに繋がってしまいます。
また、不必要な項目が多いと、ユーザーのストレスとなり、途中離脱を招きかねません。
ユーザーが実際に入力するということを考えず、無造作に項目を多数並べただけのフォームだと、ユーザーはページを開いた直後、その項目の多さにげんなりして、入力すら行わず直帰してしまうでしょう。

ユーザーに対する配慮、とりわけインターネット初心者に対するアクセシビリティを考える上で、EFOを導入することは、ネットユーザー全体に対する配慮にも繋がります。
分かりやすく、かつ迅速に行えるフォーム入力の作成によって、企業の利益を容易に増やすことができるのです。